検索結果
#03

#03 #03

野口 里佳 NOGUCHI Rika

野口里佳(1971-)は自身の言葉で言う「新しい地球の見方」や「宇宙から降り立った人間が最初に見た風景」、あるいは「月面」を求めて、強く興味をもった被写体や場所を探求します。〈潜る人〉や〈フジヤマ〉といったシリーズでは、水中や高山を行く人物たちのドキュメンタリーが、作家の想像力の働きによって日常とは別の次元のビジョンに変換されます。出品作品は「マラブ」(アフリカハゲコウ)というコウノトリの一種を被写体としています。ほとんど飛ばない鳥という謎めいた存在に触発され、その姿をピンホールカメラで撮影したこのシリーズは、人間の尺度とは異なる時間の流れを感じさせるとともに、早さや便利さ、変化を追い求める時代の「進歩」に対して、針穴と暗箱で光を集める行為の遅さと不便さ、そしてデジタル写真に対するアナログ・プロセスをも象徴しています。

所蔵館
東京都写真美術館
シリーズ名
Marabu
作品/資料名
#03
作品名(原題)
#03
作者名
野口 里佳
制作年
2005
分類
国内写真作品
材質・技法
発色現像方式印画
作品/資料番号
10114716
東京都写真美術館 収蔵品検索
https://collection.topmuseum.jp/Publish/detailPage/31217/

東京都写真美術館のその他の収蔵品 (34907)