検索結果
立烏帽子形火事頭巾 武家女子用

立烏帽子形火事頭巾 武家女子用 Tall Eboshi-shaped Fire Hood for a Samurai-class Woman

武家の女性が火事からの避難時などに着用した火事頭巾。武家の女性にとって火事装束は嫁入り道具の一つであり、江戸に住まう際の必需品だった。女性用の火事頭巾は男性用のものと比べて華やかな色味や繊細な刺繍があり、頭巾は立烏帽子の形をしているのが特色。
本資料は、頭部が革製で、首周りを覆う錣(しころ)は五種の裂地(きれじ)で出来ている。花文様を散らした染革に、雲形に切った黄・緑・赤の羅紗、そして絹地を重ねる。全体的に贅を尽くした作りで、武家の女性らしい優美さを備えている。

所蔵館
江戸東京博物館
資料名
立烏帽子形火事頭巾 武家女子用
資料番号
21200034
大分類
生活民俗
小分類
事件災害
種別
防災
年代
江戸時代  
員数
1点
法量
69.5 cm x 46.8 cm
資料群/コレクション名
其角堂コレクション
江戸博デジタルアーカイブズ
https://www.edohakuarchives.jp/detail-21179.html

江戸東京博物館のその他の収蔵品 (16907)