検索結果
Tool No.3 乾燥器 – Salt Line

Tool No.3 乾燥器 – Salt Line Tool No.3 Drier - Salt Line

村岡 三郎 MURAOKA Saburo

村岡三郎は日本における鉄彫刻の先駆者のひとりとして位置づけられる。しかし彼の作品は、必ずしも鉄という金属素材の物質的特性だけを表現手段としているものではない。この《Tool No.3 乾燥器-Salt Line》も、焼いた土を挟んだ鉄製の机の上に塩で線が引かれ、それにプロパンガスボンべがゴムホースで繋がれている。鉄を素材としつつも一見複雑で難解な作品だが、作者の関心が熱や音といった物質素材では提示できないものにあると説明されれば、一応納得できるであろう。しかしさらに考えてみれば、プロパンガスは熱の象徴、熱は鉄を溶かすもの、焼いた土は鋳型をかたどる材料、塩は鉄を錆びさせる素材であることに気づく。村岡は鉄を巡る様々な事象を作品に織り込んでいるのである。古来から鉄の剣や鏡は世の東西で信仰の対象とされてきた。鉄の固さ、強さ、輝き、精錬される時に必要な膨大な熱量などが、いつしか畏敬の対象になっていったのであろう。村岡も鉄に対する自らの想いを彼独自の方法で作品に託しているのである。(M.S.)

所蔵館
東京都現代美術館
作品/資料名
Tool No.3 乾燥器 – Salt Line
作者名
村岡 三郎
制作年
1979
分類
彫刻・インスタレーションほか
材質・技法
鉄、土、塩、プロパンガスボンベほか
寸法
50×90×180cm
受入区分
購入
受入年度
1984
作品/資料番号
1975-00-4159-000
東京都現代美術館コレクション検索
https://mot-collection-search.jp/shiryo/1405/

東京都現代美術館のその他の収蔵品 (7502)