検索結果
嬉野森稲荷大明神神札

嬉野森稲荷大明神神札

酒巻幸右衛門/筆

墨書から、1820年(文政3)に行われた江戸城本丸将軍御座所の修復時、部屋の長押に使われた用材の端切を用いたとされる。酒巻氏は幕府作事方手代を務めた家で、稲荷は屋敷神として祀られていたものと思われる。

所蔵館
江戸東京博物館
資料名
嬉野森稲荷大明神神札
資料番号
16000414
大分類
生活民俗
小分類
信仰儀礼
種別
神札
作者(文書は差出人)
酒巻幸右衛門/筆
年代
江戸後期 文政3年 1820 19世紀 
員数
1点
法量
34cm x 9cm x 1.7cm
江戸博デジタルアーカイブズ
https://www.edohakuarchives.jp/detail-16078.html

江戸東京博物館のその他の収蔵品 (15610)