検索結果
武蔵野図屏風 

武蔵野図屏風  Folding Screens with Musashino Plain Design

左端に富士山、右端に筑波山を描き、両山を従えるようにススキが一面に広がる構図で、武蔵野の原風景を表したものという。
 台地の上に位置する武蔵野は、水の便が悪い地域で開発の手が入らなかったが、その姿を大きく変えたのは、第8代将軍徳川吉宗が享保の改革の一環として行った新田開発だった。開発着手からわずか15年で、武蔵野に80余りの村が生まれ、1000軒以上の家が建ち並んだ。この屏風は、開発される以前の武蔵野の風景を見せてくれる。

所蔵館
江戸東京博物館
資料名
武蔵野図屏風 
資料番号
87201313-87201314
大分類
絵画
小分類
日本画
種別
屏風
年代
江戸中期 18世紀 
員数
6曲1双
江戸博デジタルアーカイブズ
https://www.edohakuarchives.jp/detail-2674.html

江戸東京博物館のその他の収蔵品 (16907)