検索結果
鼠縮緬地秋景鶉模様振袖

鼠縮緬地秋景鶉模様振袖 Gray Crepe, Long-sleeved Kimono designed with Autumn Landscape of Quail

武家女性が用いた衣装。青みがかった鼠色の縮緬地に、色糸・金糸刺繍を中心に、彩り豊かに秋景模様が施されている。

白い部分は「白上げ」という技法で表現している。色を付けたくない生地の部分に防染糊(ぼうせんのり)を置いたうえで地染めすることで、様々な模様を描き出している。

振袖に配されているのは、紅葉、菊、萩、桔梗などの植物のほか、流水、簾(すだれ)鶉などの絵柄。菊葉から流れ出す川は、不老長寿の霊水を意味し、金糸で雫が刺繍されている。

特徴的なのは、諸大名や武家でも飼育されていた鶉を裾の部分に配している点だ。秋の早朝に冴えわたる鳴き声が美しいとされ、俳句では秋の季語になっている。室町時代にはすでに飼育、鑑賞されており、江戸時代に入って、武家はもとより町人にも愛好家が広まった。慶安2年(1649年)には、飼育方法や良い鳥の見分け方、鳴き声の良し悪しなどを記した飼育書「鶉書」が江戸で刊行されたほどだった。

振袖の持ち主だった武家女性の詳細はわからないが、もしかしたら鶉を愛でていたかもしれないと想像するのも楽しい。

所蔵館
江戸東京博物館
資料名
鼠縮緬地秋景鶉模様振袖
資料番号
11200047
大分類
工芸品
小分類
染織
種別
衣服
年代
江戸後期 19世紀 
員数
1領
法量
157.7cm x 63.8cm x 97cm
江戸博デジタルアーカイブズ
https://www.edohakuarchives.jp/detail-500.html

江戸東京博物館のその他の収蔵品 (15786)