検索結果
元治度二ノ丸御表大奥共総切絵図

元治度二ノ丸御表大奥共総切絵図

江戸城二ノ丸御殿を殿舎ごとに半紙大の薄葉(計18舗)にまとめた切絵図。各殿舎の間取りを墨引で、屋根伏せの様子を朱引で表し、裏面に殿舎名を記した題箋がある。合わせると二ノ丸御殿の全容が確認できる。本切絵図の一つに「本寿院様御住居」があり、本寿院が1861年(文久元)に二ノ丸へ引き移り、二ノ丸御殿が1863年(文久3年)焼失したことから、本図は1864年(元治元)の再建計画時の作製と考えられる。将軍の死後、未亡人となった正室・側室が居所とした二ノ丸御殿の詳細が確認できる希有な資料。

所蔵館
江戸東京博物館
資料名
元治度二ノ丸御表大奥共総切絵図
資料番号
10200110-10200128
大分類
文書類
小分類
古文書
種別
絵図
年代
江戸末期 元治元年 1864 19世紀 
員数
1組
江戸博デジタルアーカイブズ
https://www.edohakuarchives.jp/detail-353.html

江戸東京博物館のその他の収蔵品 (15788)