検索結果
Tokyo Museum Collection

おもちゃのピストルをもつ子ども 旧西ベルリン Child carrying a toy pistol (former West Berlin)

長野 重一 NAGANO Shigeichi

所蔵館
東京都写真美術館
シリーズ名
ベルリン/東と西と
作品/資料名
おもちゃのピストルをもつ子ども 旧西ベルリン
作品名(原題)
おもちゃのピストルをもつ子ども 旧西ベルリン
作者名
長野 重一
制作年
1960
分類
国内写真作品
材質・技法
ゼラチン・シルバー・プリント(D.O.P)
寸法
縦382×横253mm
作品/資料番号
10101585
東京都写真美術館 収蔵品検索
https://collection.topmuseum.jp/Publish/detailPage/49430

作者について

長野重一 / NAGANO Shigeichi

from Art Platform Japan: https://artplatform.go.jp/resources/collections/artists/A1699

生年月日
1925/3/30
生地
大分県大分市
没年月日
2019/1/30
没地
東京都目黒区
活動領域
写真
性別
男性

Wikipedia

長野 重一(ながの しげいち、1925年3月30日 - 2019年1月30日)は、日本の写真家。大分県大分市生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。在学時に写真サークルである「フォトフレンズ」に入会、そこで野島康三の指導を受けた。1947年9月に大学を繰り上げ卒業して商社に就職したが、その1ヶ月後にフォトフレンズの先輩である三木淳に誘われ『週刊サンニュース』の編集部員となる。このときの編集長であった名取洋之助から雑誌編集の基礎を教えられる。1949年、名取の誘いを受け岩波映画製作所が刊行を計画していた『岩波写真文庫』の写真部員となる。ここで『鎌倉』、『いかるがの里』、『長崎』、『広島』などおよそ60冊の撮影を担当した。1954年にフリーとなり、総合誌や写真雑誌でルポルタージュを発表。東京を対象とした作品も多く撮影している。1960年代からは映画カメラマンとしても活躍し、市川崑監督の記録映画『東京オリンピック』などに参加した。同時期にTV CMのカメラマンとしても活躍。CM時代からの付き合いで大林宣彦監督の映画も数本、撮影カメラマンを担当した。岩波書店の『日本の写真家』の編集委員でもあった。

Identifiers

APJ ID
A1699
VIAF ID
110341291
AKL ID
43000241
NDL ID
00049894
Wikidata ID
Q5451991

東京都写真美術館のその他の収蔵品 (35532)