検索結果
関東大震災で溶けた硬貨

関東大震災で溶けた硬貨 Coins that Melted in a Fire Caused by the Great Kanto Earthquake

1923(大正12)年9月1日に発生した関東大震災は、時刻が昼時、折しも関東地方では強風が吹いていたため、震災後の火災が非常に激しいものとなった。
震災当日、寄贈者の祖父は成田山詣でに出かけており、東京に残る家族とは離れ離れとなってしまう。しかし、翌日上野公園で偶然にも家族と再会出来た。鎮火後、焼失した自宅の蔵の跡から唯一発見されたのが本資料であった。
被災前、硬貨は木製の箱に入っていたようで、釘や蝶番のような金属が融解して硬貨と一体化し、そこに炭化した木片が付着している。震災による火災の激しさを、雄弁に物語る資料である。

所蔵館
江戸東京博物館
資料名
関東大震災で溶けた硬貨
資料番号
21000198
大分類
生活民俗
小分類
事件災害
種別
震災
年代
大正期 大正12年9月1日 1923 20世紀 
員数
3点一括
江戸博デジタルアーカイブズ
https://www.edohakuarchives.jp/detail-21169.html

江戸東京博物館のその他の収蔵品 (16907)