検索結果
ゴミ男

撮影:木奥惠三

ゴミ男 Rubbish Men

大竹 伸朗 OHTAKE Shinro

《ゴミ男》は、「東京」をテーマに、すべてこの都市から排出されたゴミ―段ボール、植物、布、厚紙、紙、マスキングテープ、靴下、おもちゃのピストル、ギターネック、グラインダーの歯、イミテーションの真珠などを素材に制作された。そして、コラージュのパネル8枚の中に浮かぶ人物像は、マルセル・デュシャンにかかわりの深い映像実験からの引用である。多種多様なイメージや音がリミックスされた作品は、「東京の現在」の表象であり、作家が出会った事物を集めた、日記のように私的な表現でもある。まさに、「時代の感性」として受容された80年代の作家の集大成といえる作品である。

所蔵館
東京都現代美術館
作品/資料名
ゴミ男
作者名
大竹 伸朗
制作年
1987
分類
絵画
材質・技法
バルサ、印刷物、鉄、木、プラスチック、ゴム、フィルム、段ボール、植物、布、厚紙、紙、マスキングテープ、石膏、アクリル、油彩、水彩、缶、砂、梱包材、靴下、おもちゃのピストル、ギターネック、グラインダーの歯、イミテーションの真珠、カシュー塗料、木炭、消しゴム、家庭用炭酸ガスボンベ、包装紙、紙テープ、木屑、ロウ、竹、はけ、オープンリール用録音テープ/木製パネル;テープレコーダー、マスキングテープ、スピーカー
寸法
405×405×20cm
受入区分
購入
受入年度
2006
作品/資料番号
2006-00-0002-000
東京都現代美術館コレクション検索
https://mot-collection-search.jp/shiryo/4875/

東京都現代美術館のその他の収蔵品 (7476)