検索結果
立退先広告看板

立退先広告看板

水天宮社務所

関東大震災ではほとんどの情報が途絶したため、人々は各所に尋ね人の札をはったり焼け跡に避難先を書いた看板を立てたりして、家族や知人の安否を確認しようとした。この看板は蛎殻町の水天宮が掲示したもので、社殿が焼失したこと、ご神体が浅草橋場町の有馬邸に立ち退いたことが記されている。新大橋の傍らに残る碑によれば、ご神体は避難民に礼拝されながらこの橋を渡ったという。

所蔵館
江戸東京博物館
資料名
立退先広告看板
資料番号
03000428
大分類
生活民俗
小分類
事件災害
種別
震災
作者(文書は差出人)
水天宮社務所
年代
大正末期 大正12年9月3日 1923 20世紀 
員数
1枚
法量
132.5cm x 29.5cm x 1.9cm
江戸博デジタルアーカイブズ
https://www.edohakuarchives.jp/detail-13408.html

江戸東京博物館のその他の収蔵品 (15788)