検索結果
萌葱地葵紋付小紋染胴服

萌葱地葵紋付小紋染胴服

絹地に小紋が染められ、三葉葵紋が据えられている。この胴服は、徳川家康が着用していたもので、1615年(慶長20)大坂夏の陣に参陣した旗本今村正長が命がけの戦闘をしながら同輩の手柄として申告したことに対し、感銘を受けた家康が自ら着用の胴服を正長に褒美として与えたと伝える。今村家の資料は、本資料の他に徳川秀忠朱印状や今村家の由緒書等とともに、一括して江戸東京博物館に収められている。

所蔵館
江戸東京博物館
資料名
萌葱地葵紋付小紋染胴服
資料番号
98200135
大分類
工芸品
小分類
染織
種別
衣服
年代
江戸初期 17世紀 
員数
1領
備考
国指定重要文化財
江戸博デジタルアーカイブズ
https://www.edohakuarchives.jp/detail-11756.html

江戸東京博物館のその他の収蔵品 (25267)