検索結果
梨子地葵紋散松菱梅花唐草文様蒔絵女乗物(附属品共)

梨子地葵紋散松菱梅花唐草文様蒔絵女乗物(附属品共)

現在は4挺しか存在が確認されていない梨子地の女乗物。唐松・若松・梅花などを幾何学的に配置し、三葉葵紋および腰に六葉葵を散らす。家紋が葵紋だけなので徳川家の婚礼であること、底裏に幸阿弥家のものと推測される蒔絵の銘があること、および伝来などから、将軍家より一門への輿入れに際して制作されたと考えられる。具体的には徳川綱吉の養女八重姫が所用者として推測される。その後1851年(嘉永4)に修理され、徳川家慶養女線宮幟子の婚礼に際して再利用された。

所蔵館
江戸東京博物館
資料名
梨子地葵紋散松菱梅花唐草文様蒔絵女乗物(附属品共)
資料番号
97201654-97201656
大分類
工芸品
小分類
漆工
種別
年代
江戸中期~後期 18世紀 
員数
1挺
江戸博デジタルアーカイブズ
https://www.edohakuarchives.jp/detail-11705.html

江戸東京博物館のその他の収蔵品 (15786)