検索結果
謡初図屏風

謡初図屏風

福王雪岑/画

毎年正月3日の夕刻に江戸城大広間で行われる謡初の様子を描く。将軍出座の中、諸大名・諸役人が総出仕し、観世・金春・宝生・喜多の大夫が祝盃の間に小謡・囃子・弓矢の立合の舞を行った。作者の福王雪岑は、観世座のワキ方で福王流の家元であった。

所蔵館
江戸東京博物館
資料名
謡初図屏風
資料番号
96200001
大分類
絵画
小分類
日本画
種別
屏風
作者(文書は差出人)
福王雪岑/画
年代
江戸中期 18世紀 
員数
2曲1隻
法量
58.2cm x 128.5cm
江戸博デジタルアーカイブズ
https://www.edohakuarchives.jp/detail-11124.html

江戸東京博物館のその他の収蔵品 (15786)