検索結果
東京十二題 深川上の橋

東京十二題 深川上の橋 Twelve Subjects of Tokyo : Kaminohashi Bridge at Fukagawa

川瀬巴水/画 Kawase Hasui

川瀬巴水(1883~1957)は、大正から昭和にかけて600点以上の版画を制作し、活躍した版画家である。そのほとんどが風景画だったため、江戸時代に風景画を多く手がけた歌川広重にたとえ、「昭和の広重」とも呼ばれていた。
この版画は、隅田川に合流する仙台堀川河口に架かっていた、上の橋を描いたものである。空の黄色と、川水の青さの対比で、夏の日暮れが美しく表現されている。巴水は作品の解説で、「このあたりは北斎の『隅田川両岸一覧』の当時がそぞろに想い浮ばれます」と、この地の特徴を、北斎の絵を例に挙げて述べている。本資料と絵本「隅田川両岸一覧」の直接の関連は見出すことはできない。しかし、橋の下に隅田川の西岸を覗く構図は、北斎の別の絵である、「冨嶽三十六景 深川万年橋」の万年橋の下から遠くの富士山を望む図様によく似ている。
北斎の絵本の約120年後の1920年(大正9年)、上の橋の風景から巴水は江戸を想像した。しかし、現在この場所に立っても、高い堤防で隅田川の川面は見られない。上の橋自体がすでに無く、今では橋の親柱だけが歩道脇に残っている。巴水が北斎の時代を思ったのとは異なり、我々が大正の東京の光景を想像することは非常に困難である。

所蔵館
江戸東京博物館
資料名
東京十二題 深川上の橋
資料番号
94203203
種別
近代木版
作者(文書は差出人)
川瀬巴水/画
発行所(文書は宛先)
ワタナベ/版
年代
大正期 大正9年夏 1920 20世紀 
員数
1枚
法量
26.2cm x 38.4cm
江戸博デジタルアーカイブズ
https://www.edohakuarchives.jp/detail-10466.html

作者について

川瀬巴水 / KAWASE Hasui

from Art Platform Japan: https://artplatform.go.jp/resources/collections/artists/A2447

生年月日
1883
生地
東京府芝区(現・港区)
没年月日
1957-11-07
活動領域
版画
性別

Wikipedia

川瀬 巴水(かわせ はすい、1883年(明治16年)5月18日 - 1957年(昭和32年)11月7日)は、日本の大正・昭和期の浮世絵師、版画家。本名は川瀬 文治郎(かわせ ぶんじろう)。衰退した日本の浮世絵版画を復興すべく吉田博らとともに新しい浮世絵版画である新版画を確立した人物として知られる。近代風景版画の第一人者であり、日本各地を旅行し旅先で写生した絵を原画とした版画作品を数多く発表、日本的な美しい風景を叙情豊かに表現し「旅情詩人」「旅の版画家」「昭和の広重」などと呼ばれる。アメリカの鑑定家ロバート・ミューラーの紹介によって欧米で広く知られ、国内よりもむしろ海外での評価が高く、浮世絵師の葛飾北斎・歌川広重等と並び称される程の人気がある。仮名垣魯文は伯父に当たる。

Identifiers

APJ ID
A2447
VIAF ID
Hasui's works were commonly landscapes
AKL ID
https://doi.org/10.1093/benz/9780199773787.article.B00084476
NDL ID
00000000
Wikidata ID
whose artists depicted traditional subjects with a style influenced by Western art. Like many earlier ukiyo-e prints

江戸東京博物館のその他の収蔵品 (16908)