検索結果
大島 波浮之港

大島 波浮之港 Habu Port in Oshima

川瀬巴水/画 Kawase Hasui

波の静かな港に、3隻の小舟が繋がれている。湾の向こう側には新緑の中に佇む古い家並みが見える。版画家、川瀬巴水が描いた伊豆大島・波浮港の光景である。
波浮港は過去の地震で崩れた火口湖を開削して、江戸後期に開かれた港である。外周を崖で囲まれた湾の形状から波が穏やかで、古くから風待ちの港として栄えていた。そんな港が1928年(昭和3年)、野口雨情作詞、中山晋平作曲のレコード「波浮の港」の発売により、一躍全国からの注目を集める。島暮らしのわびしさと素朴さを歌ったこの曲は大ヒットを記録し、翌年東京と大島を結ぶ定期船が毎日運航となると、歌の舞台を求めて多くの観光客が島を訪れるようになった。1931年に8万人ほどだった定期船の乗客数は、1934年には21万人にまで増加した。
ブームの中で観光地化は進み、三原山の砂漠に乗用のラクダやロバが導入されたり、「滑走台」と呼ばれる大型の滑り台が設けられたりと、観光地らしいアトラクションも増えていった。
巴水が大島を訪れたのは、日記によると1936年6月28日のこと。どのような取材をしたのか定かではないが、後に描かれたのは何気ない静かな波浮港の一場面だった。島の暮らしが変わりゆく中で、変わらない美しさをたたえた港を、彼はどのような思いで描いたのだろうか。

所蔵館
江戸東京博物館
資料名
大島 波浮之港
資料番号
91222107
種別
近代木版
作者(文書は差出人)
川瀬巴水/画
発行所(文書は宛先)
渡邊庄三郎/版
年代
昭和前期 昭和12年正月 1937 20世紀 
員数
1枚
法量
38.6cm x 26.1cm
江戸博デジタルアーカイブズ
https://www.edohakuarchives.jp/detail-7725.html

江戸東京博物館のその他の収蔵品 (15788)