検索結果
木場乃雪

木場乃雪 Kiba in the Snow

川瀬巴水/画 Kawase Hasui

日が沈み、黒く染まった家並みにしんしんと降り積もる雪。水面に浮かべられた木々にもすっかり雪化粧が施されている。雪明かりでほんのり照らされている空を見上げると、まだまだこの白い結晶はやむことがなさそうだ。痛いほどに冷えた空気を感じつつも、なぜか心温まるのは、家屋の窓からこぼれる山吹色の明かりのせいだろうか。
この作品で描かれているのは昭和初期の深川木場。作者の川瀬巴水は、江戸の名残がかすかに香る東京の風景を、情緒豊かに写しだした版画を多数残している。
舞台となった木場は、江戸の頃より貯木場として栄えていた場所である。江戸幕府が開かれた当初、材木問屋は日本橋周辺に軒を連ねていた。しかし、火事が多発していた江戸の町。その中心部に材木を集めていては、火災のたびに焼失してしまう。そこで元禄14年(1701年)、多くの材木問屋が現在の江東区木場公園一帯に場所を移した。江戸の新たな名所の誕生である。以降、昭和後期に新木場へ移転するまで、木場は貯木場として江戸東京の発展を支えた。

所蔵館
江戸東京博物館
資料名
木場乃雪
資料番号
91222092
種別
近代木版
作者(文書は差出人)
川瀬巴水/画
発行所(文書は宛先)
渡邊庄三郎/版
年代
昭和前期 昭和9年3月 1934 20世紀 
員数
1枚
法量
39.3cm x 26.2cm
江戸博デジタルアーカイブズ
https://www.edohakuarchives.jp/detail-7710.html

江戸東京博物館のその他の収蔵品 (15786)