検索結果
蔓梅擬目白蒔絵軸盆

蔓梅擬目白蒔絵軸盆 Scroll Tray with Bittersweet Vine and White-Eyes in Makie

原羊遊斎/作 酒井抱一/下絵 HARA Youyusai , SAKAI Hoitsu

縦長の盆の左下から右上へ蔓梅擬(つるうめもどき)の枝が描かれ、枝の中程にメジロが2羽とまっている。赤い実には珊瑚を用い、メジロの目や羽先なども金銀などを使い分けて丁寧に描写している。                                                                                                    本作は、江戸琳派の創設者として知られる酒井抱一(1761~1829)が下絵(資料番号91210669)を描き、蒔絵師の原羊遊斎(1769~1846)が制作したもの。作品とともに伝わった抱一の書状や箱などによって、この軸盆が勘定所御用達をつとめた材木商森川家の依頼により制作されたもので、「江都四時勝景図」(資料番号87200523-87200524)を載せるためものであったことが分かっている。

所蔵館
江戸東京博物館
資料名
蔓梅擬目白蒔絵軸盆
資料番号
91210668
大分類
工芸品
小分類
漆工
種別
作者(文書は差出人)
原羊遊斎/作 酒井抱一/下絵
年代
江戸後期 文政4年 1821 19世紀 
員数
1点
法量
41cm x 22.1cm x 3.5cm
備考
国指定重要文化財
江戸博デジタルアーカイブズ
https://www.edohakuarchives.jp/detail-7112.html

江戸東京博物館のその他の収蔵品 (15786)