検索結果
駿河町越後屋呉服店大浮絵

駿河町越後屋呉服店大浮絵 Large Perspective Picture of Echigoya Draper's Shop in Surugacho

奥村政信/画 Okumura Msanobu

三井越後屋は、伊勢出身の商人三井高利が開いた呉服店。店頭で現金売りをするという、当時としては画期的な商法で成功した。この作品は、越後屋の店先を描いたもので、店内の欄間の下には、「現金かけねなし」の札が下がっているのが見える。

所蔵館
江戸東京博物館
資料名
駿河町越後屋呉服店大浮絵
資料番号
89200002
種別
紅絵
作者(文書は差出人)
奥村政信/画
発行所(文書は宛先)
奥村屋源六/版
年代
江戸中期 享保末 1735 18世紀 
員数
1枚
法量
43.5cm x 63.3cm
江戸博デジタルアーカイブズ
https://www.edohakuarchives.jp/detail-3673.html

江戸東京博物館のその他の収蔵品 (15788)