検索結果
江都四時勝景図

江都四時勝景図

狩野章信(素川)/画・詞書、松平定信/序、前田利幹/後記

四季折々の江戸風物を描く2巻の絵巻。12ヶ月の行事の絵と詞書は、幕府御用絵師狩野章信(素川)が自らの見聞を基に記し、序は寛政改革の立役者であった松平定信、後記は富山藩主前田利幹が筆を染めた。また、孝証学者太田錦城の箱書から、この絵は神田佐久間町の材木問屋伏見屋森川氏の所蔵であったことがわかる。化政文化の優美な一面をうかがわせる作品。なお、「蔓梅擬目白蒔絵軸盆」(酒井抱一/画、原羊遊斎/蒔絵 資料番号91210668)は、この絵巻を載せるために作成されたものである。

所蔵館
江戸東京博物館
資料名
江都四時勝景図
資料番号
87200522-87200523
大分類
絵画
小分類
日本画
種別
巻子
作者(文書は差出人)
狩野章信(素川)/画・詞書、松平定信/序、前田利幹/後記
年代
江戸後期 文化13年 1816 19世紀 
員数
2巻
備考
国指定重要文化財 91210668蔓梅擬目白蒔絵軸盆に附指定
江戸博デジタルアーカイブズ
https://www.edohakuarchives.jp/detail-2480.html

江戸東京博物館のその他の収蔵品 (16908)