検索結果
江戸城明渡の帰途(勝海舟江戸開城図)

江戸城明渡の帰途(勝海舟江戸開城図)

川村清雄/画

江戸城の石垣を背景に立つ勝海舟と、その背後から斬りかかろうとする旧幕府陸軍士官ととおぼしき者、その腕を押さえる中世風の兵士を描く。背景にみなぎる緊張感とその中で毅然と立つ姿に、江戸無血開城を成し遂げた海舟の生き様を表現する。 作者の川村清雄(1852-1934)は、新潟奉行等を務めた川村修就の孫で、維新後徳川家の給費留学生としてアメリカへ渡り、その後パリとヴェネツィアで西洋画を学んだ。帰国後大蔵省印刷局へ入るが間もなく辞職、困窮していたところへ、救いの手をさしのべたのが海舟だった。海舟は清雄の画才を高く評価し、邸内に画室を与えた。本作は清雄の代表作の一つであり、日本近代洋画史上早期に制作された本格的な歴史画の優品である。

所蔵館
江戸東京博物館
資料名
江戸城明渡の帰途(勝海舟江戸開城図)
資料番号
85200434
大分類
絵画
小分類
洋画
種別
油彩
作者(文書は差出人)
川村清雄/画
年代
明治前期 明治18年 1885 19世紀 
員数
1点
法量
119.8cm x 61.4cm
江戸博デジタルアーカイブズ
https://www.edohakuarchives.jp/detail-1888.html

江戸東京博物館のその他の収蔵品 (15788)