検索結果
道草のすすめ―「点 音(おとだて)」and “no zo mi”

道草のすすめ―「点 音(おとだて)」and “no zo mi” An Encouragement of Dawdling; "o to da te" and "no zo mi"

鈴木 昭男 SUZUKI Akio

サウンド・アーティストのパイオニアとして知られる鈴木昭男(1941-)の活動は、音と場の関わり方を探求するもので、イベントやパフォーマンス、インスタレーションなどを、世界各地で展開しています。その始まりは1960年代、作家自身が「自修イベント」と呼ぶところの、場に対して「なげかけ」と「たどり」を繰り返し、聴くことを追究するというものでした。《点 音(おとだて)》は、「エコーポイントを探る」という「自修イベント」を公共空間に広げたもので、耳と足を合わせたマークをエコーポイントとして街中に配置します。エコーポイントをたどり、そこに佇む時、聴く意識が覚醒することを促すのです。《点 音》は1996年以来、世界中の様々な街でおこなわれていますが、2019年のリニューアルを機に当館のコレクションとしても加わることになりました。
当館における《点 音》では、館内外に配置された12箇所のエコーポイントに加え、新しい試みとして、一部に音響システムを用い、聴く意識を開くためのエクササイズに誘っています。中庭は鈴木自身の創作楽器による演奏を音源として建物自体屋外展示場のための“no zo mi”は、コンクリート・プレートが階段状に積まれた5つの立方体で、その最上段にみお《点 音》マークが記されています。最上段までのたどり方は立方体ごとに異なり、自ずと上ってみたいという好奇心を誘い、一段ごとに異なる感覚を開いてくれるでしょう。

所蔵館
東京都現代美術館
作品/資料名
道草のすすめ―「点 音(おとだて)」and “no zo mi”
作者名
鈴木 昭男
制作年
2018-2019
分類
その他
材質・技法
コンクリート・プレート
受入年度
2018
作品/資料番号
2018-00-0032-000

東京都現代美術館のその他の収蔵品 (5590)