検索結果
なにもない風景を眺める 2014.4-d AICHI

なにもない風景を眺める 2014.4-d AICHI looking at the vacant scenery 2014.4-d AICHI

文谷 有佳里 BUN'YA Yukari

文谷有佳里(1985-)は、幼い頃よりピアノに親しみ、大学では作曲を学ぶかたわら現代音楽の実験的なパフォーマンスに加わるなど、音楽と身体表現に関わってきた作家です。
線描は、学生時代から作曲とともに続けていた、小さい、私的なドローイングに端を発するものと言います。その後、美術系の大学院に進み、ドローイングを活動の中心に据えていった作家ですが、作曲に勤しむ中でなされた、見えない音を捉え視覚化する膨大な記譜の経験が、これらの、素早い、スピード感のある線を可能にしたと言えそうです。多くの作品には、描出の速度を損ねないよう、短い時間で乾く、細い文具ペンが用いられています。
文谷の線描は、当初は、植物を思わせるような有機的、オートマティックな曲線が支配的でしたが、2009年に建築の書物や図面に関心を寄せたことから、即興的な線が踊る画面上を大胆に横切ってパースや区分けを作り出す、異なる太さをもつ直線が加わり、独特の空間を持った作風へと展開していきました。
音を捉え、視覚化する記譜の線、自動的に引かれる有機的な線、図面で使用されるような画面を分けるしっかりした直線、そして点のように微かな線。これら種々の線を目で追いかけるうちに、セッションにも似たいくつもの呼びかけや応答、重なり、広がりが、見る者をとらえていきます。自立した多様な線が、規則的にまた即興的に交錯する文谷の作品は、パフォーマティヴなプロセスそのものとして、ドローイングという行為の持つ幅広さと奥行き、複数のジャンルにわたる「線」の魅力を私たちに伝えます。

所蔵館
東京都現代美術館
作品/資料名
なにもない風景を眺める 2014.4-d AICHI
作者名
文谷 有佳里
制作年
2014
分類
絵画(その他)
材質・技法
インク/紙
寸法
54.5(高さ、縦)×54.5(幅、横) cm
受入区分
寄贈
寄贈者名
作家/Gallery Jin Projects
受入年度
2017
作品/資料番号
2017-00-0037-000

東京都現代美術館のその他の収蔵品 (5590)