検索結果
ふくいちライブカメラを指さす

ふくいちライブカメラを指さす Pointing at Fukuichi Live Camera

指差し作業員 Finger Pointing Worker

2011年8月のある日、福島第一原発の現況をネット上でリアルタイムで伝えてきたライブカメラの前に、一人の作業員が立ち、およそ20分間にわたってこちらを指差すという出来事がありました。この人物は数日後にネット上で、政府や東京電力に対し、労働環境などについての提言を行い、さらに自分の行為が、ヴィト・アコンチが25分間にわたって画面の中心を指差し続ける映像作品《センターズ》(1971)を引用したパフォーマンスであったことを明かしました。
「現場」の中心からこちらを指差す行為は、見る/見られるという視線と映像をめぐる一方通行の関係を反転させます。同時に彼は、スマートフォンで自身の姿を確認しながら、自分をも指差しており、メディア上で情報を発信する際に起こりうる、閉じたナルシシズムにも批評の目を向けているようです。
その映像の録画である本作品は、後に、竹内公太(1982-)の個展「公然の秘密」で音声を加えて発表されました。諸状況から竹内はこの作業員本人ではないかと推察されるにも関わらず、それを認めません。映像だけからはその同一性を安易に確定すべきでないと主張するのです。様々なものが可視化されているはずのネット社会にも関わらず、見えないことにされるもの。「公然の秘密」。そこに、不可視の放射能によって置き去りにされる明確な「現場」を比喩的に重ね合わせてみることもできるかもしれません。

所蔵館
東京都現代美術館
作品/資料名
ふくいちライブカメラを指さす
作者名
指差し作業員
制作年
2011
分類
映像他
材質・技法
シングル・チャンネル・ビデオ
エディション等
Ed. 3/10
時間
24分40秒
受入年度
2012
作品/資料番号
2012-00-0053-000

東京都現代美術館のその他の収蔵品 (5590)