検索結果
戦争と平和

戦争と平和 Peace and War

大岩 オスカール OIWA, Oscar

大岩オスカールは、1965年、日系二世としてブラジルのサンパウロに生まれ、日本での生活(1991-2002年)を経た後、現在ニューヨークを拠点に活動している画家。身の回りの社会事象や歴史に関心を寄せ、イメージ群を自在に参照、構成し、巧みな筆捌きでもって大画面の油彩画に取り組んでいる。大岩の住居が当館近隣の足立区であったこともあり、当館ではこの時期の作品を多数所蔵している。
《戦争と平和》は、第二次大戦で空襲を受けた下町の歴史をもとに描かれた作品。
暗い闇と不気味な煙の漂う画面が「戦争」、緑の生い茂る明るい画面が「平和」と名づけられている。確かに前者は、土地が荒れ、竜巻か決壊が起こっているような暗鬱な風景だが、小さな家には明かりがともる暮らしが感じられる。一方、青空の広がる画面には川の両岸に建物が立ち並び、畑も木々も潤いながら小さな小屋は廃屋のようにも見える。これらの風景は、戦争と平和が全く別個のものでも、また、断ち切られるのでもなく、常に二重写しのように私たちの生活を覆っていることを伝える。

所蔵館
東京都現代美術館
作品/資料名
戦争と平和
作者名
大岩 オスカール
制作年
2001
分類
油彩画
材質・技法
油彩/カンヴァス;ライトボックス
形状
2点組
受入区分
寄贈
寄贈者名
作家
受入年度
2012
作品/資料番号
2008-00-0049-000

東京都現代美術館のその他の収蔵品 (5590)