検索結果
Working Man

撮影:長塚秀人

Working Man Working Man

小林 孝亘 KOBAYASHI Takanobu

小林孝亘が描き出すのは、作家が外界と接する中で「気になった風景」と言う。これまでも、木漏れ日や公園の陽だまり、眠る人、枕や食器といった身のまわりの物をモチーフに多くの絵画を生み出してきた。タイと日本を行き来する生活の中でモチーフを見出し、こっくりした絵肌と切り詰めた構図をもつ絵画作品によって、高い評価を受けてきた作家である。
画面の内側から光りを放つようなこの作品は、作家がバンコクに初めて長期居住した際に描かれた。それまで多く「光」の様態を描いてきた作家が、「タイでは昼の光は強すぎ、夜の、やわらかく暖かな光に魅了されて」描いたものである。ここでは、夜間、オレンジの光の下に働く工事現場の作業員がモチーフになっている。「Working Man=働く人」は背景をもたずシンプルに抽象化され、左右対称の構図のうちにおさめられることで一種の普遍性を帯び、「人が働く」「住まいを建てる」ということそのものが抽出されている。画面上部から放たれる光源が人物や建物を浮かび上がらせ、あたかも夢の一場面のような幻想性をもつ画面を生み出した。音の出る作業を描きながらも、一種の静けさと余韻が感じられるところも作品の魅力と言えよう。

所蔵館
東京都現代美術館
作品/資料名
Working Man
作者名
小林 孝亘
制作年
1999
分類
油彩画
材質・技法
油彩/カンヴァス
寸法
200(高さ、縦)×240(幅、横) cm
受入区分
寄贈
寄贈者名
東京都歴史文化財団
受入年度
2004
作品/資料番号
2004-00-0004-000

東京都現代美術館のその他の収蔵品 (5590)