検索結果
OTOMI

OTOMI Otomi

中ハシ 克シゲ NAKAHASHI Katsushige

西洋近代の彫刻概念への懐疑から出発した中ハシは、植木、鯉、和傘、力士(小錦)といった「日本的なもの」の典型をモチーフとして取り上げた立体作品を制作してきた。「板塀越しに見る松」を表すこの作品は、日本文化の型としての風景であり、タイトルからも明らかなように「お富の松」として知られる、歌舞伎『与話情浮名横櫛』(よわなさけうきなのよこぐし)の名場面を想起させる。しかし作家の関心は、こうした日本的な典型、文化的なアイデンティティを記号的に取り扱うことによって、社会が共有する意識や記憶に働きかけ、「自然」と見なされるものに隠れた人為性、文化的な歪みやズレを提起することにある。銅線の松葉、鉄による枝や板塀のもつ乾いた印象は、日本文化に言及しつつも、そこにまつわる情緒性を巧みに排除し、ありふれたものを異物として提示する作用をもっている。

所蔵館
東京都現代美術館
作品/資料名
OTOMI
作者名
中ハシ 克シゲ
制作年
1990
分類
彫刻
材質・技法
鉄、銅線、アルミニウム
寸法
225(高さ、縦)×360(幅、横)×150(奥行) cm
受入年度
1996
作品/資料番号
1996-00-0044-000

東京都現代美術館のその他の収蔵品 (5590)