検索結果
Eidolon

Eidolon Eidolon

漆原 英子 URUSHIBARA Hideko

万華鏡のようなきらめきの中で、二つの眼をこちらに向ける怪物が大地の上で蠢いている。まるで太古からの長い年月を吸い込んだかのような皮膚は収斂し、その形態と輪郭を捉えどころのないものにしている。《EIDOLON》とは幻影、そして理想をも意味する英語。ロンドン生まれの英文学への造詣から選ばれたこの題名は、作家のヴィジョンをあらわしているかのようだ。
漆原は、1950年代に美術批評家、瀧口修造が企画したタケミヤ画廊でデビューし、ここを舞台に活動を展開した。「既成画壇への依存を放下し」「個展発表を第一義とする作家」の活躍を希求した瀧口の活動が示すように、50年代とは美術団体や革新的なグループからは独立して制作発表することが可能となった時代であり、特定の流派に限定されることのないこの画面にも、その独自の態度があらわれている。

所蔵館
東京都現代美術館
作品/資料名
Eidolon
作者名
漆原 英子
制作年
1966
分類
油彩画
材質・技法
油彩/カンヴァス
寸法
73(高さ、縦)×90.9(幅、横) cm
受入年度
1991
作品/資料番号
1991-00-0025-000

東京都現代美術館のその他の収蔵品 (5590)