検索結果
束の間の幻影

束の間の幻影 Fugitive Vision

駒井 哲郎 KOMAI Tetsuro

版画、特に銅版画の場合はどの技法を使用するかによって、園作品の印象派全く異なったものになる。黒から白への微妙な諧調を使用して作られたこの作品は、黒の背景の中に様々な形態が浮かび上がり浮遊している。目を閉じればこれらの形態は一瞬のうちに消え去るごとく儚いもののようにも見える。腐食の度合いによりその色調を変えることのできるアクアチントの技法は、面としての表現も可能であり、この作品においてはその技法が作者の意図を見事に伝えている。駒井は銅版画を日本に根付かせた功労者の一人であり、多様な技法を駆使して多くの優れた銅版画作品を残した。この初期の作品では、彼の「夢こそ現実であればよい」という夢見がちな面が強く、空中に浮遊する形態も何か玩具のようであり、ノスタルジックな気持ちを誘う。これら一群の夢をテーマとした作品の後、作者はビュランを使用した厳しい線による作品を発表し、一つの転機を迎えるのである。

所蔵館
東京都現代美術館
作品/資料名
束の間の幻影
作者名
駒井 哲郎
制作年
1951
材質・技法
アクアチント、エッチング、ドライポイント
寸法
18(高さ、縦)×29(幅、横) cm
エディション等
Ed. Ⅴ/Ⅹ(画面外左下)
受入年度
1977
作品/資料番号
1975-00-6410-000

東京都現代美術館のその他の収蔵品 (5590)