検索結果
寂光院秋色

寂光院秋色 Jakkoin in Autumn

中澤 弘光 NAKAZAWA Hiromitsu

所蔵館
東京都現代美術館
作品/資料名
寂光院秋色
作者名
中澤 弘光
制作年
c.1948
分類
油彩画
材質・技法
油彩/カンヴァス
寸法
37.9(高さ、縦)×45.5(幅、横) cm
受入年度
1949
作品/資料番号
1975-00-0337-000

東京都現代美術館のその他の収蔵品 (5590)

作品画像:THE WAY I HEAR, B.S. LYMAN 第五章 協想のためのポリフォニー

THE WAY I HEAR, B.S. LYMAN 第五章 協想のためのポリフォニー

mamoru

東京都現代美術館

作品画像:21, 34 – VALENCE (6)[『21, 34 – VALENCE』より]

21, 34 – VALENCE (6)[『21, 34 – VALENCE』より]

若林 奮

東京都現代美術館

作品画像:つの

つの

大沢 昌助

東京都現代美術館

作品画像:神域の春

神域の春

藤田 嗣治

東京都現代美術館

作品画像:牛

菅井 汲

東京都現代美術館

作品画像:自分の穴の中で

自分の穴の中で

馬場 梼男

東京都現代美術館

作品画像:(左)山の向こうの中腹のちっぽけな村はすでに見えなくなり、ふたたび春が巡ってきた。葡萄の木はあたかも塀の笠石の下を匍う病める大蛇のように見える。生あたたかい空気のなかを褐色の光が動きまわっていた。似たりよったりの毎日が作りだす空白は伐り残した若木まで切り倒すだろう。日々の暮らしのなかで樹木の茂みは岩のように突き出ている。

(右)自分の暮らした村がこんなに小さく思われたことはない。太陽が姿をみせた。背の高いポプラの林は風に吹き動かされる砂浜のような格好をしている。切れ目のないその連続を見ているだけで眼がくらんでくる。変り映えしない日々の連続に酔うことができたなら象や蛇をしとめた気にもなれる。蝶が舞うようにそんな風に彼はものを識ったのである。

(左)山の向こうの中腹のちっぽけな村はすでに見えなくなり、ふたたび春が巡ってきた。葡萄の木はあたかも塀の笠石の下を匍う病める大蛇のように見える。生あたたかい空気のなかを褐色の光が動きまわっていた。似たりよったりの毎日が作りだす空白は伐り残した若木まで切り倒すだろう。日々の暮らしのなかで樹木の茂みは岩のように突き出ている。 (右)自分の暮らした村がこんなに小さく思われたことはない。太陽が姿をみせた。背の高いポプラの林は風に吹き動かされる砂浜のような格好をしている。切れ目のないその連続を見ているだけで眼がくらんでくる。変り映えしない日々の連続に酔うことができたなら象や蛇をしとめた気にもなれる。蝶が舞うようにそんな風に彼はものを識ったのである。

岡﨑 乾二郎

東京都現代美術館

作品画像:ジョーカー

ジョーカー

髙田 安規子・政子

東京都現代美術館

作品画像:夕(ゆうべ)

夕(ゆうべ)

三谷 十糸子

東京都現代美術館

作品画像:[吉澤進像]

[吉澤進像]

岡本 太郎

東京都現代美術館

作品画像:やまやま

やまやま

藤牧 義夫

東京都現代美術館

作品画像:裸 A

裸 A

麻生 三郎

東京都現代美術館

作品画像:d’encres A

d’encres A

園山 晴己

東京都現代美術館

作品画像:かげ

かげ

浜田 知明

東京都現代美術館

作品画像:物質の変声期 Mの場合

物質の変声期 Mの場合

村上 善男

東京都現代美術館

作品画像:視差

視差

斎藤 義重

東京都現代美術館

MORE