検索結果
弐(天巧星浪子)

弐(天巧星浪子) The Second (Tenkosei-Roshi: A Hero of a Chinese Romance)

白髪 一雄 SHIRAGA Kazuo

〈具体美術協会〉の主要メンバーであり、早くから国際的にも高い評価を得ていた白髪一雄は、学生時代には日本画を専攻していたが、卒業後は洋画に転向した。岩絵具に制約を感じ、油絵具の持つ色彩の輝き、とりわけ「流動性」に魅かれたからである。油絵具のダイナミックな流動感を出すために、最初はパレットナイフで絵具を塗りつけていたが、それが素手にとって代わり、最終的には素足を使って絵を描いた。1954年、いわゆる「フット・ペインティング」の誕生である。床に特大のカンヴァスを広げ、天井から下がったロープに掴まり足で絵具の上を滑ってゆく。描くという行為そのものの軌跡が、明確に画面の上に残されるという点において、日本におけるアクション・ペインティングの典型とされてきた。具体が解散した後、多くの作家がそれまでと違った新たな表現を模索した中で、白髪は「アクション・ペインティングこそ自分の芸術表現と信じて疑わず」、一筋にこの手法で制作を続けている。本作品のタイトルは、白髪が好んだ『水耕伝』の英雄の名前。

所蔵館
東京都現代美術館
作品/資料名
弐(天巧星浪子)
作者名
白髪 一雄
制作年
1962
分類
油彩画
材質・技法
油彩/カンヴァス
寸法
181(高さ、縦)×276(幅、横) cm
受入年度
1978
作品/資料番号
1975-00-0246-000

東京都現代美術館のその他の収蔵品 (5590)