検索結果
思考するマルセル・デュシャン

思考するマルセル・デュシャン Marcel Duchamp Thinking

篠原 有司男 SHINOHARA Ushio

“東京オリンピック開催の年、アメリカ現代美術の巨匠ラウシェンバーグが来日した。当時32歳の篠原有司男は公開質問会に駆けつけ、自作のハリボテ人形《マルセル・デュシャン像》を堂々と舞台に登場させた。その後、この人形はドブ川に流されてしまったというが、そのイメージは、「青写真」とも言うべき本作品が見事に伝えている。左手にはダダの元祖デュシャンの肖像、右手にはアメリカの消費文化の象徴ともいうべきコカ・コーラ。巨大な身体は全長約2メートルもあり、頭部はモーターで回転する仕掛けらしい。
篠原は、既成の芸術に反旗を翻し常に新しい表現を追求した前衛グループ<ネオ・ダダイズム・オルガナイザーズ>の主要メンバーであり、頭をモヒカン刈りにしてマスコミに登場するといった奇抜な行動で世間を騒がせる新しいタイプの芸術家であった。この像は、変化し続けることを信条としていたデュシャンに対する篠原の熱きオマージュであると同時に、日本のヒーローから世界の巨匠ラウシェンバーグに対する挑戦状でもあったのである。”

所蔵館
東京都現代美術館
作品/資料名
思考するマルセル・デュシャン
作者名
篠原 有司男
制作年
1965
分類
油彩画
材質・技法
油彩/カンヴァス
寸法
160(高さ、縦)×120(幅、横) cm
受入年度
1983
作品/資料番号
1975-00-0234-000

東京都現代美術館のその他の収蔵品 (5590)