検索結果
サント=ヴィクトワール山麓 2人の子どものいるプロヴァンス地方の風景

サント=ヴィクトワール山麓 2人の子どものいるプロヴァンス地方の風景 Provencal paysage with two children on foot of montain Sainte-Victoire

アンリ・ラパン Henri Rapin

サント・ヴィクトワール山と思われる山の麓のプロヴァンスの街を背景に、二人の子供が果物を手に取り戯れている。その画面上部を縁取りするようにアーチ状に木の葉が描きこまれている。自然の描写は極度に簡略化されており、構図手前を大きく占める暖色系と、背景を中心に用いられている寒色系の色彩のコントラストは1920年代初頭のラパンの絵画によく見られる特徴である。もっとも暖色系の色彩はアール・デコ初期の絵画に多くみられた。
主題や構図ともに、1920年頃頻繁に手がけた子どもを描いた絵画や、1923年頃に描いた《パーゴラ》(個人蔵)と多くの共通点があるため、この頃の作品と考えられる。ラパンの絵画には、建築と庭園のある風景を多く手がけたギュスターヴ・ジョルム(1873-1959)やナビ派との類似点も指摘されている。

所蔵館
東京都庭園美術館
作品/資料名
サント=ヴィクトワール山麓 2人の子どものいるプロヴァンス地方の風景
作者名
アンリ・ラパン
制作年
1920-30年代
分類
Ⅱ-装飾パネル
材質・技法
カンヴァス、油彩
寸法
100×60㎝
数量
1
作品/資料番号
2014-1226-01

東京都庭園美術館のその他の収蔵品 (88)